無料のRPAツール!WorkFusion『RPA Express』導入記#2

未知の世界へようこそ。

はい、そういうわけでございまして。
冬真っ只中、みなさまいかがお過ごしですか。

ワタシは先日東京に出張に出まして…そこで見事に大雪を引き当てました。

絶好調です※
※ワタシは寒いのが苦手で沖縄に移住した人間です

そんな底冷えする気分を吹き飛ばすべく。
今回も前回から導入を開始している無料のRPAツール、
WorkFusion社『RPA Express』のお話を続けていきましょう。

前回の第1回では、

パソコンのスペックが足りず新しいパソコンを買い。
中途半端にケチったために新しいパソコンの容量が足りず。
返品して再度もう少し容量が大きいパソコンを買い直す。

という、先行き超不安な船出となっておりました。

無料のRPAツール!WorkFusion『RPA Express』導入記#1

とりあえずインストールが完了してホッと一安心です。

そうそう、ワタシの場合は無謀にも一気にインストールしてしまいましたが、
WorkFusion社ではちゃんと導入ガイドを用意していますので、不安な方は是非どうぞ。

WorkFusion Knowledge Base

WorkFusion Forum

…全編英語ですが。

どちらのサイトも「ユーザー登録完了メール」にURLが載っています。
ユーザーIDも書いてありますので、そちらを使ってログインしてくださいね。
(ログインID、パスワードは変更可能です)

では!
足元も固まった、ということで(?)、いよいよRPA Expressを立ち上げてみましょうか!

メニューをクリックして…待ちます。

画面には何も表示されません。
…こ、コレはもしや起動できなかったパターン?

と、しばらくドキドキしていたのですが、
実は、RPA Expressはココにいます。

控えめ過ぎるわ。
アイコンをクリックすると、スルスルっとメニューが出てきます。

・Platform Monitor
・RPA Recorder
・S3 File Storage

上の方に並んでいるメニューは、各種ツールへの入り口です。
これらのツールを使って(きっとメインは「RPA Recorder」でしょう)ロボットをデザインしていくわけですね。

・Control Tower
・Bot Manager
・OCR

真ん中の方には常駐系の機能のステータスが表示されています。
現在は全て止まっていますので、試しに「Restart」ボタンを押してみましょうか。ポチッとな。

起動しました!

…と、書くと一瞬で起動完了したように感じますが、

実際には結構時間がかかります(特に「Control Tower」)。
おまけに、何回か起動に失敗しました(特に「Control Tower」)。

背中を冷たいものがサーッと。
(みなさま、資金に余裕がある場合はなるべく良いパソコンを購入することをオススメします…)

「Control Tower」を起動させると、ブラウザからアクセスできるようになります。

お!この画面見たことがありますよ。

WorkFusion社のWebサイトにデーンと出ていた画面です。
ということは、この画面が出てくれば最初のハードルは乗り越えたことになります。

ふー。やれやれ…。

ついでに、ツールの方のメイン画面、「RPA Recorder」も見ておきましょうか。
こちらは、ブラウザではなくメニューからクリックで開きます。

うん、この画面も見たことありますね。

メイン系2画面、無事確認することができました。
良かった良かった。これでインストール編は終わったと思って大丈夫そうですね。

よーし。

画面の確認が終わりましたので、とりあえずひとつロボットを作ってみることにしましょう。
…確か…Knowledge Baseに動画があったので、それを見ながら…と思ったのですが。

今度は何故か動画が再生されない。

という現象が発生しました。うそーん。

ワタシ来週WorkFusionのセミナーに参加予定ですので、そこでこの件聞いてこようと思います。
波乱続きのRPA Express、はじめてのロボット作りの開始まで、もう少々お待ちくださいませ。