い、そういうわけでございまして!

サルでき流企業サイトの作り方、第47回を迎えました。この連載も残すところ後4回。何か伝え忘れをしていないか、ワタシもぼちぼちソワソワしてきました。

暑苦しい小論文を紙の裏まで使って書き上げたのにもかかわらず、名前を書いていなくて0点。そんな「熱血体育会系ヤングメンの受験あるある」みたいなことが起こりそうな雰囲気です。

……うーむ。どうしたものかしら。

……とりあえず、「この物語はフィクションです」って書いておこうかしら。

今回のウミネココーポレーション仮設広報部は、前回突如として舞い込んできた「Webサイトの社長レビュー」に向けた、作戦会議が行われているようです。

ここでもやたらと飛び交う「現実逃避プラン」の数々。学生の諸君、大人って嫌よね。困ったらすぐコレだもんね。自分なんて名前を書いていなかったくらいで0点なのに。

……とは言え、今回の場合は、大人の目から見ても逃げ切れる確立は限りなく低いような気がしますが、彼らはいったいどう対応するつもりなのでしょう?

もっとカンタンに、そして限りなく少ない時間の中でも、Webサイトに劇的なカッコよさを加える「ショートコード」。前回の「基本編」に続いて、今回は「実践編」のお話です。

みなさんも今日からビシビシ使って、Webサイトをどんどんカッコよくしていきましょう!

ショートコードのおさらい

ということで今回は「ショートコード」のお話,実践編です。

まずは,前回の基本編のおさらいから行ってみましょう。

ショートコードをそのまま訳すと,「⁠短いコード(プログラム)⁠」となります。

そう,つまり,「⁠複雑やパーツやオシャレな機能を実装するために,ダラダラと長く書いていたHTMLのコードを,チャチャっと短く書くことができる」もの,それが「ショートコード」です。

とってもカンタン,すごーく便利。

それだけでも「使うしかない!」というものだったのですが,このショートコードにはもうひとつ進化形態がありまして。

実は,第42回の時に登場した,「⁠Visual Composer」という「投稿記事や固定ページを,カンタンに構成することができるエディタ」で使っている,「エレメント」という仕組みが,この「ショートコード」の仕組みを発展させたものなのでした。

gihyojp_logo

サルでき流 WordPressではじめる企業サイトの作り方
gihyo.jpで1年連載&無事完結
本連載では,「企業サイト作りビギナー」の方を対象に,WordPressを使った企業サイトの作り方(導入・カスタマイズ)&育て方(運用・アクセスアップ)のノウハウを,マンガを交えながら楽しくお届けします。

連載TOPへ
gihyo_logo

サルでき流 超実用 WordPressサイト作成塾
技術評論社から好評発売中
WordPressの使い方を楽しい語り口で、わかりやすく解説!画面付きの操作解説はもちろん、「しくみ」から丁寧に説明しているので、ホントに使える知識が身に付きます。初心者でも安心の「超実用」入門書!

この本を購入する