い、そういうわけでございまして!

サルでき流企業サイトの作り方、第18回を迎えました。今日も楽しくWordPressのお勉強をはじめていきますよ。あ、そうそう、書いていて少しずつ実感が湧いてきたんですけどね、徐々にWordPressの基礎部分は網羅しつつあります。だって、文中に書く「第★★回目の記事をチェック!」が多くなってきましたもん。

雑談や余談をわははと読んでいると、いつの間にか技術が身についちゃう。そんなマジカル連載と(極々一部、2人くらいの間)で話題の当連載にようこそ。今回から読み始め、という方は、「人生に無駄なことなんて何一つないんだ」という太平洋より広い心を持って、第1回から記事をチェックしてくださいねっ!

さてさて、そんなわけで今週のウミネココーポレーション仮設広報部ですが。どうやら彼らも、チョコチョコとテストサイトを作り始めているようですよ。

「集客に困ったときには、動物とラーメン、そして子供ネタを入れるべし」。うむ、まさに鉄板ですね。鉄板なんですが、今回は個人のネタブログではなく、「企業サイトの作り方」がテーマですので、千川さんの意見はボツとなります。えーと、誰か彼女にその旨を伝えてきてください。ワタシは嫌ですよ。

さてさて。ということで今回は、前回お約束した通り、メニューの作り方についてお話をします。メニューが作れるようになると、今までバラバラに作っていたページを、「ひとつのWebサイト」にまとめることができるようになります。

WordPress的にも、この連載的にも重要なメニュー作り、それでは行ってみましょう!

メニューって何だろう?

メニューを作り始める前に,前提をおさらいしておきましょう。

前回の記事の中で,ホームページとブログの変遷についてお話をしました。手作りで作り込むホームページをなるべく簡単に,効率的に作っていくための仕組みが,ブログという記事生成システムだったわけです(覚えていない方は前回の記事をチェック!)⁠。

で,WordPressは,ブログシステムとして,さらなる高み(?)を目指すべく,投稿記事だけではなく,ホームページと同様の単一のページをも作れるように機能を拡張してきました,それが固定ページという機能だったわけです。

ふむふむ。なるほどなるほど。おさらい終わり。

こうやって書くと,なかなか大した仕組みに思えますよね。ところが,このブログシステムというヤツが調子がいいのは,「⁠記事を作る」というところまででして。

人間様というのはわがままなもので,1本の記事を読むことはできても,10本も記事がダラダラと並んでいると,その段階で気力が半減してしまいます。

gihyojp_logo

サルでき流 WordPressではじめる企業サイトの作り方
gihyo.jpで1年連載&無事完結
本連載では,「企業サイト作りビギナー」の方を対象に,WordPressを使った企業サイトの作り方(導入・カスタマイズ)&育て方(運用・アクセスアップ)のノウハウを,マンガを交えながら楽しくお届けします。

連載TOPへ
gihyo_logo

サルでき流 超実用 WordPressサイト作成塾
技術評論社から好評発売中
WordPressの使い方を楽しい語り口で、わかりやすく解説!画面付きの操作解説はもちろん、「しくみ」から丁寧に説明しているので、ホントに使える知識が身に付きます。初心者でも安心の「超実用」入門書!

この本を購入する