い、そういうわけでございまして!

サルでき流企業サイトの作り方、第14回を迎えました。年も変わって2014年、あけましておめでとうございます!皆さま、今年はどんな1年にしましょうか。

「ステキなサイトを作れますように」「WordPressを使いこなせるようになりますように」「イケメンの彼氏とか、料理上手な彼女とかができますように」「気まぐれで買った宝くじが当りますように」「連載がウケますように……っていうか落とさずに続けられますように」

さっそく煩悩が湧き出てきますね。悲喜こもごもの2014年の開幕です。今年もよろしくお願いしま~す。

さてさて、ウミネココーポレーション仮設広報部も年を越しました。みんな揃って元気に業務開始……と行きたいところでしたが、どうも見慣れない人物が紛れ込んでいますね。でも、どこかで見たようなアフロヘアー。もしやこれは年末年始にありがちの「XXの食べ過ぎによる体型のバージョンアップ」ってヤツかもしれません。

そういうわけで今回は、WordPressのバージョンアップについてお話しましょう。はいそこ、「持って行き方が無理やり過ぎ」って言わない。新年に相応しく、WordPressもバージョンアップで気分一新ですよ!

バージョンアップする?しない?

WordPressを使っていると,頻繁にこんなメッセージが出てきます。これは,「⁠新しいバージョンのWordPressにバージョンアップできまっせ」というお知らせです。

前にもドコかでお話ししたかと思いますが,WordPressは日々進化していまして,ある程度開発が進むと,開発チームのほうから皆さまのWordPressに向けてメッセージが送られるようになっています。

で,このメーッセージが表示されたときに,多くの方がこう思うわけです。「これ,バージョンアップしたほうがいいのかしら?それともしないほうがいいのかしら?」と。

バージョンアップというのは,本来は「いいこと」ですよね。新しいモノに替えてくれるわけですから,普通は是非ともってところです。

「お使いのお財布,新しいバージョンができましたので,お取り替えしますよ」なんて言われたら,断る理由が見つかりませんね。

ところが,ことコンピューターの世界においては,バージョンアップというものは,必ずしも「いいこと」であるとは限りません。

バージョンアップすることで,本来動いていたものが「なぜか」動かなくなったり,サクサク動いていたものが「なぜか」スピードが遅くなったり,不具合につながることが少なからずあったりします。

gihyojp_logo

サルでき流 WordPressではじめる企業サイトの作り方
gihyo.jpで1年連載&無事完結
本連載では,「企業サイト作りビギナー」の方を対象に,WordPressを使った企業サイトの作り方(導入・カスタマイズ)&育て方(運用・アクセスアップ)のノウハウを,マンガを交えながら楽しくお届けします。

連載TOPへ
gihyo_logo

サルでき流 超実用 WordPressサイト作成塾
技術評論社から好評発売中
WordPressの使い方を楽しい語り口で、わかりやすく解説!画面付きの操作解説はもちろん、「しくみ」から丁寧に説明しているので、ホントに使える知識が身に付きます。初心者でも安心の「超実用」入門書!

この本を購入する