い、そういうわけでございまして!

サルでき流企業サイトの作り方、第13回を迎えました!

ここまでいかがですか皆さま。記事もマンガも、だいぶ慣れて来ましたかね。ワタシも心持ち慣れてきた気がします。ちょっと絵が安定してきた気がします。ねえねえ。そんな気しません?

ちなみに、この第13回。全工程の中の位置付けとしましては、「概要とインストールを経て、もうすぐ基本セットアップ部分が完了」という段でございます。基本セットアップさえ終われば、サイトの中身の検討を始められます。もうすぐですね。ワクワクしますね。

さてさて、今週のウミネココーポレーション仮設広報部ですが、どういうわけだかハカセが頬を腫らしています。いえ。どういうわけか、じゃないですね。普段怒らないタイプのロボットが怒ると怖いんです。詳しくは前回のマンガをチェックしてみましょう!

あ、ちなみに。この連載のマンガのオチは最終ページに載っています。最終ページまで読ませるための大人のテクニックです……って、ああっ!それを聞いた途端に最終ページにいきなり飛ばすってどういうことですか!

……まったく。そういうわけで今回は、Webサイトの構成についてのお勉強をしますよ。今後各種設定を行うときに、「管理画面のドレが、Webサイトのナニにつながっているの?」というところで迷子にならないように、今のうちにおさえてしまいましょうね。

覚えよう!Webサイトの4つのパーツ(部品)

ではでは,行きましょうか。

一般的にWebサイトというものは,一枚モノに見えていても,よ~く見ると役割によっていくつかのパーツ(部品)に分かれています。

ページをポチポチとめくっていったときに,その都度内容が変化する部分と,まったく変わらない部分がありますよね。各部分は,それぞれ何らかの役割が与えられて,ページに存在しています。

もちろん,すべてのページをただ適当に,思いつきでバラバラに作って行っても,本来問題は無いものなのですが,長い歴史……いや,長くもないですね,ここ十数年のWebサイトの歴史の中で,段々と「こういう感じにしておいたほうが便利じゃね?」という経験が積もっていって,いつしかWebサイトの構成についてのお作法になりました。

これから皆さまがWebサイトを作っていくにあたって,そういう作法を知っておくことは非常に良いことだと思います。先人の知恵,いわゆるベストプラクティスからサクサク学べることは,後発チームの特権みたいなものですしね。

この連載の中で何度もお話に出ていますが,WordPressは「Webサイトのひな形」として作られていますので,当然そういうお作法についてはキッチリと踏まえられています。

gihyojp_logo

サルでき流 WordPressではじめる企業サイトの作り方
gihyo.jpで1年連載&無事完結
本連載では,「企業サイト作りビギナー」の方を対象に,WordPressを使った企業サイトの作り方(導入・カスタマイズ)&育て方(運用・アクセスアップ)のノウハウを,マンガを交えながら楽しくお届けします。

連載TOPへ
gihyo_logo

サルでき流 超実用 WordPressサイト作成塾
技術評論社から好評発売中
WordPressの使い方を楽しい語り口で、わかりやすく解説!画面付きの操作解説はもちろん、「しくみ」から丁寧に説明しているので、ホントに使える知識が身に付きます。初心者でも安心の「超実用」入門書!

この本を購入する