章から動画へ、新しい世界へ

はい!そういうわけでございまして。
5月も後半に差し掛かってきましたが、みなさまいかがお過ごしですか?

ワタシはと言えば、相変わらず各メディアさん用の記事執筆にヒーコラ言っております。

それにしても…日々こんなに何かを書く生活になるなんて、昔は思ってもいませんでした。

書いて書いて書きまくって。
ワタシはこのまま駄文を垂れ流して老いさらばえていくのね……
そしてワタシがいなくなった後もこの記事が残っていて、永遠に恥ずかしい感じに……

ーまさに人生は旅。そして旅の恥は書き捨てー

とか、思っていたのですが。

いつの間にか時代がスッカリ移り変わっておりまして。

これだけ書きまくっているワタシなのに、
その実ネットサーフィンの大半の時間を「文章以外」に費やしていることに気が付きました。

そう、動画です。

YouTuberさん達の活躍は言うに及ばず、
最近は技術系の解説にも、動画が使われるのが当たり前になってきています。

Q「さるできでは動画を使った解説はしないんですか?」
A「する気はあります。気持ちは満タンです。い、いや、ホントですって!ですってばー!」

と、姿勢だけ見せて数年間スルーをし続けてきたのですが。
さすがにもういい加減やっておかないと苦手になりそう。っていうか正直もう苦手。

ということで今回、清水の大舞台から自分を突き落としてみることにしましたよ。

それがこちら。はいドン!

世界最大級のオンライン教育プラットフォーム『Udemy』です。

Udemyは、学びたい人、教えたい人のためのオンラインのマーケットプレイスです。プログラミング、マーケティング、データサイエンスなど、100,000以上のコースを2,400万人の受講生が学んでいます。(ホームページより


ワタシ的ポイント①
2010年にシリコンバレーで設立されたUdemy(ユーデミー)は、
日本では2015年より、進研ゼミでお馴染みの「ベネッセコーポレーション」によって運営されています。

ワタシ的ポイント②
CtoC、つまり、個人から個人へというビジネス形式ながら、
収益を上げるための仕組みとサポート体制がしっかりできていることが、このサービスの強みのようです。

ワタシ的ポイント③
「IT」から「ビジネススキル」果ては「スポーツ」まで、幅広いジャンルの講座が登録されていますが、
ざっと見たトコロ「IT」関連の講座が特に充実しているように感じました。


ふむふむ。

少し前の記事にも書きましたが、以前「講師になりませんか?」とのお誘いをいただいておりまして。
良い機会ですし、せっかくやるなら舞台は世界最大級に高いほうが、落下時間を楽しめるんじゃなかろうかと。

そんな風に思ったわけです。無知って怖いですね。

そんなわけで、これから数カ月に渡ってUdemyでの講座作成奮闘記を書いていこうと思います。
面白い講座を目指してガンバってみますので、無事出来上がったら受講していただけると超嬉しいッス。

よーし、やったるでー。

???「ではカワサキさん、よろしくお願いします」
ワタシ「???」

???「早速以下の作業を行ってください」

コース制作の計画を立てる
テーマを決める:制作するコースのテーマを決めましょう。
仮タイトルを決める:仮タイトルを決めましょう。
強みを考える:コースの「強み」を決めましょう。
受講の前提条件を決める:コースの前提条件を決めましょう。
受講対象を決める:受講対象を決めましょう。
学習目標を定める:学習目標を決めましょう。

ワタシ「ど、どちら様デスカ?」
ユデ美「ワタシはユデ美、アナタのコース作りのお手伝いをします」

ユデ美「ちなみに締切は◯月◯日です」


スタートと同時に「マスタースケジュール表」が届きました。
最近書籍ですらここまでキッチリ作っていなかったので、早くも胃が痛たたたた。

Udemyでは、ワタシのような動画に不慣れな人でもクオリティの高いコースが作れるよう、
シッカリとしたサポート体制が作られているとは聞きましたが、まさかこんなにシッカリとしているとは。

そんなこんなで。
Udemyの講師サポート、通称「ユデ美ちゃん※」(←命名ワタシ)と二人三脚でコースを作っていきます。

今回の目標は完走です。


ワタシ「ユデ美ちゃん、完走だからね。完走。そのあたりをどうかご理解いただいて、ね」
ユデ美「もう既にスケジュールが遅れていますが、グーとパーとチョキのどれで殴られたいですか?」
ワタシ「ギャー!」

繰り返しますが、今回の目標は完走です。


次回は「テーマ設定編」をお届けします。
みなさまも「将来Udemyに講座を開設するかも」と想像しながら、どうぞ一緒にお楽しみくださいませ〜!

(※ユデ美ちゃんは発言内容含めて架空のキャラクターですが、今回あらかじめUdemy講師サポートチームの方に、制作記の公開含めて許可をいただいております。)