RPA BANKをご覧のみなさま、こんにちは!「最近AIが気になって仕方がない」とウズウズしているものの、「ドコにもスキがないピリッとした雰囲気」になかなか一歩を踏み出せないでいる、そんなみなさまに向けたお気楽AI解説連載『さるでき流 AIのはじめかた』、第9回を迎えました。

チャットボット作りをはじめて早数ヶ月。光の速さで進歩を続けるIT業界において、この連載は時が止まっているかのように「のんびりと」歩を進めておりますが、その間にも状況は刻一刻と変化しておりましてね。

第一シーズンで見てきたRPAは、既に「RPAツール」という枠組みを飛び越えて、最近では各種クラウドサービスのAPIを活用した、よりシンプルで、より柔軟な組み合わせが可能な、新しい『自動化サービス』へと進化を続けているようです。

コロボ「先生。我々はこのままで良いのでしょうか?」
ワトソン「このままで、と言いますと?」
コロボ「例えば流れに便乗して『Power Automate※』を紹介してみる、とか」
ワトソン「シッ!それはコッソリと、バレないようにやりましょう」
(※Microsoft社製の自動化サービス)

……コホン。さてさて、Watson Assistantを使ったお手製チャットボット作りもいよいよ大詰めです。前回はクローズド・クエスチョンで会話をリードしていくために、「選択肢型のダイアログ」の設定を行ってみました。

今回は残された大きな機能のひとつである、『エンティティ』をチェックします。このパートをクリアすれば、Watson Assistantの基本となる機能を、ある程度は網羅したことになります。実装まであと一息、ラストスパートを頑張っていきましょう!

ではでは、いつもどおりWatson AssistantサービスのManage画面にある『Watson Assistantの起動』ボタンをポチッと押して、Watson Assistantツールをオープン。チャットボット作りを続けていきまーす。

rpabank-logo

RPAとAIのはじめかた
RPA BANKで連載中
本連載では、「RPA」そして「AI」と、私達人間の働きを助けるロボットについて、その歴史的な背景や基本的な知識、各種ツールの使い方まで、キャラクターを交えて分かりやすく解説します。

連載TOPへ
gihyo_logo

RPAのはじめかた
技術評論社から好評発売中
ムズカシイ話題は抜きにして、まずはRPAツールの「楽しさ」を体感すること。それが、RPAを理解するための近道です!RPA総合プラットフォームメディア「RPA BANK」監修!RPA”体感型”ガイドブックです!

この本を購入する