RPA BANKをご覧のみなさま、こんにちは!「最近AIが気になって仕方がない」とウズウズしているものの、「ドコにもスキがないピリッとした雰囲気」になかなか一歩を踏み出せないでいる、そんなみなさまに向けたお気楽AI解説連載『さるでき流 AIのはじめかた』、5回目になりました。

前回はリソースとして、「Watson Assistantサービス」を作成しましたね。「Manage(管理)」画面に並ぶ謎めいた暗号の数々、行く手を遮る「サービス資格情報」や「プラン」の画面。……と、ムズカシそうな部分はとりあえず「見なかったこと」にして、今回は一番楽しそうな「Watson Assistantの起動」ボタンから、チャットボット作成画面に進んでいきます。

コロボ「ボクが言うのもアレなのですが、『ロボットと会話をする』ということがどういうことなのか、イマイチよくわからないんですよね」
ワトソン「前回お話ししたように、チャットボットは『ユーザーからの質問に対して、より相応しい回答を探して返す』という仕組みで動いていますので、『会話』というより、『一問一答の繰り返し』というのが、イメージ的には近いのかもしれません」

コロボ「では、『チャットボットを作る』というのは、『質問と回答を作る』ということになるのですか?」
ワトソン「今回はスルドイですね、コロボ君。チャットボットの基本は正にそういうことになります」

それでは、どのようにして「質問」を作り、どのようにして「回答」を作るのか。そのあたりのことを意識しながら、『Watson Assistantツール』を見ていくことにしましょう。Watson AssistantサービスのManage画面にある『Watson Assistantの起動』ボタンをポチッとどうぞ!

rpabank-logo

RPAとAIのはじめかた
RPA BANKで連載中
本連載では、「RPA」そして「AI」と、私達人間の働きを助けるロボットについて、その歴史的な背景や基本的な知識、各種ツールの使い方まで、キャラクターを交えて分かりやすく解説します。

連載TOPへ
gihyo_logo

RPAのはじめかた
技術評論社から好評発売中
ムズカシイ話題は抜きにして、まずはRPAツールの「楽しさ」を体感すること。それが、RPAを理解するための近道です!RPA総合プラットフォームメディア「RPA BANK」監修!RPA”体感型”ガイドブックです!

この本を購入する
0