なさま、『RPA』という言葉を聞いたことはありますか?

Bizpediaをご覧のみなさまであれば、既にいくつかの記事で目にしていると思いますが、RPAとは「Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)」、という言葉を略したものです。日本語に直訳すると「ロボットによる・工程の・自動化」ということになりますね。

このままだと少々イメージしにくいですので、カッコよく言葉を補いましょう。RPAとは、私たち「新しいものを生み出すこと」が得意な『人間』と、「素早く・正確に作業をすること」が得意な『事務作業用のロボット』が一緒に仕事をする、新しい『仕事のカタチ』のことを言います。

『ロボット』という言葉が付いているので、一瞬「ドラえもん」や「ペッパー君」のような、「手足が付いていて、歩いたり喋ったり、時にどら焼きを食べたりできる物理的なマシーン」を想像してしまいますが、RPAのロボットは、パソコンの中に入っている「ロボット機能」のことを指しています。

……おや、どうしました?

ディスプレイ越しにみなさまの「ガッカリ感」が伝わってきましたよ?

まあ確かに。一席に一台、ゆるキャラのような丸顔のロボット君がいてくれれば、殺伐とした仕事場にもホンワカとした雰囲気が出るに違いありません……が、よく考えてみてください。キャビネットを開けたら布団が敷いてあって、ロボットが寝ている光景。

……うん、多分邪魔ですね。

RPAロボットに代表されるイマドキの事務作業用ロボットは、普段はパソコンの中にそっと隠れていて、いざという時にだけ画面に出てきてササッと仕事をしてくれる、クールな存在なのです。

今さら聞けない RPAの基礎知識
Bizpediaで連載中
「経理業務の自動化」で効率化を図りたい━━。「RPA」は、大量の定型業務を抱える経理部門にとって、業務効率化の武器として期待したいツールの一つです。一方で導入するとなれば、他システムとの比較や費用対効果の検討、そしてRPAの基礎知識も不可欠。多忙な経理の方々にそんなRPAを分かりやすく解説します。