応用編:繰り返し実行

ロボットを作っていると「この部分を繰り返し実行したい」という部分が出てきます。そんな時のために、Robotic Crowd Agentでは、「CSV形式のファイル」や「Googleスプレッドシート」の『表データ』を利用した繰り返し処理を行うことが可能です。今度はその設定方法を見てみましょう。

ミッションの確認と事前準備

今回のミッション
Googleスプレッドシートで作った全国の「地域一覧表」を元に、Yahoo!で各地域の「天気」を検索し、その結果をGoogleスプレッドシートに追記します。

今回使用する『Googleスプレッドシート』はこちらです。

https://www.google.com/intl/ja_jp/sheets/about/

Googleスプレッドシートは、「スプレッドシート」、つまり、「Excelのような表計算ツール」を、オンラインで使うことができるサービスです。Googleのアカウントを持っていれば、誰でも無料で利用することができます。

Googleスプレッドシートを開いて、ファイルをひとつ作りましょう。

今回は全国の天気を調べる処理を行いますので、調べたい場所の「地名」を記入してください。
それと、地名の後ろに「スペース」を空けて、「天気」と書いておきます。

Webブラウザ上で「Yahoo!」の画面を開いておきます。

ちょっとだけ「コツ」なのですが、Yahoo!で連続で検索を行う場合、「トップページ」ではなく、一回検索した後の「結果画面」にしておくと、処理をスムーズに記録することが可能です。

繰り返し処理の設定(データの取得)

それでは、「トクイさんアイコン」をクリックして、メイン画面を開きましょう。

「RECボタン」を押して、操作の記録の開始です。

まずは、Google Chromeの画面上、どこでも構わないので「左クリック」をして、ポップアップメニューを表示します。

メニューリストの下の方にある、「繰り返す」のメニューを選択しましょう。

「繰り返しデータの登録」という画面が出てきます。

この画面は、「CSVファイル」や「Googleスプレッドシート」を読み込むための画面です。
今回はGoogleスプレッドシートを使いますので、タブを「SPREADSHEET」に切り替えてください。

「SpreadsheetURL」の欄に、今回作ったスプレッドシートのURLをコピーして貼り付けます。
URLを貼り付けたら、右側にある「読み込みアイコン」をクリックすると、データを読み込みます。

最初に、Robotic Rrowd AgentからGoogleスプレッドシートへ接続する時には、「アクセス認証」が求められます。

内容に目を通したら、「許可ボタン」をポチッとどうぞ。

Googleスプレッドシートからデータが読み込まれました。

このデータを使って、繰り返し処理を作ります。

検索欄を左クリックして、「文字入力画面」を表示させます。

基本編では直接文字を入力しましたが、今回は「Text」欄の右側にある「表のアイコン」をクリックしましょう。

先ほど読み込んだGoogleスプレッドシートのデータが表示されます。

対象の地名データが入っている列をクリックして、「この列を使用する」状態にします。これで、「繰り返し処理をする対象」の設定ができました。

対象の設定ができましたので、続けて「検索ボタン」の「クリック操作」を記録します。

画面が遷移して検索結果(天気の情報)が表示されました。

ここで、天気が書かれている文字列を左クリックして、ポップアップメニューから「テキストを取得」を選択します。

繰り返し処理の設定(データの保存)

「データの取得」ができましたので、ここからは「データの保存」を行います。

まずは、「テキストの取得」をした項目に対して、再度左クリックからポップアップメニューの表示を行い、「スプレッドシートのセルの値を更新」を選択しましょう。

「スプレッドシートのセルの値を更新」画面が出てきますので、「SpreadsheetURL」の欄に、先ほどと同じスプレッドシートのURLを再度貼り付けます。

すると、「シートに書き込む値と範囲を指定」する画面が出てきました。

まずは、「Values」の欄の右にある「表のアイコン」をクリックしましょう。

今までに記録した操作が表示されるので、「テキストを取得(get_text)」の項目を選択します。

「シートに書き込む値と範囲を指定」する画面に戻るので、今度は「Range」の欄の右にある「表のアイコン」をクリックし、更新する表の列を指定します。

今回は、地名の隣の列を選択しました。こうすることで、地名の隣に天気の情報が書き込まれます。

設定結果はこのようになります。

「OKボタン」を押して、設定を完了させましょう。

ニャンコ先生アイコン(仮)から、「STOPボタン」を押して、記録モードを終了させます。

おつかれさまでした。3つ目のRPAロボット、『繰り返し実行君』の完成です。最後に、作ったロボットを動かしてみましょう。メイン画面の真中下、「PLAYボタン」をポチッとどうぞ。

Googleスプレッドシートのファイルが更新されました。設定した「地名」の隣の列に、『天気情報』が書き込まれています。

「表に書いたキーワードで検索して」「検索結果からテキストデータを取得して」「テキストデータで表を更新する」、この流れは様々な場面で使えそうな気がします。無料のRobotic Crowd Agentでも、ここまでできるんですね!

意外とシッカリしているでしょう?RPAのロボットは、使う側の「工夫」次第でいくらでも便利にすることができるものですので、Robotic Crowd Agentはその「トレーニング」としても非常に役立つツールなのです。

サンプルコード(YAML形式テキスト)

サンプルコードを使う場合の注意点

サンプルコード中に、「spreadsheet_id」を指定する箇所が2箇所あります。
まずはGoogleスプレッドシートでファイルを作成し、そのURLの中から、上記「オレンジ色の文字列」の部分をコピペして実行してください。
※上記ファイルは既に存在していませんので、実行するとエラーになります。

関連リンク