導入編:インストール&画面の見方

『Robotic Rrowd Agent』を使って「RPAのロボット」を作るためには、まずは何からはじめれば良いのでしょう?ロボット作りは初めてですけど、「やる気」と「パソコンの準備」はバッチリです。よろしくお願いしまーす!

はい、よろしくお願いします。Robotic Rrowd Agentを使うためには、事前に『株式会社チュートリアル』のホームページで、簡単な「ユーザー登録」が必要です。登録が完了したら、すぐに使えるようになりますよ。

Robotic Crowd Agentのインストール

『Robotic Crowd Agent』を利用するためには、最初に提供元である株式会社チュートリアルのホームページから「ユーザー登録」を行う必要があります。以下の項目を入力したら、「拡張機能をインストール」と書いてあるボタンを押してください。(フォームの下にあります)

【ユーザー登録フォーム】
https://tutorial.co.jp/news/release/2019/06/rc_agent/

【必要な項目】
・名前(姓、名)
・会社名
・メールアドレス
・電話番号
・コメント(任意)

ユーザー登録が完了すると、入力したメールアドレス宛に、Robotic Crowd Agentの「インストールURL」が記載されているメールが届きます。

Robotic Crowd Agentは、Webブラウザ『Google Chrome』の拡張機能として提供されていますので、普段Google Chrome以外のブラウザを使っている方は、ここでブラウザを切り替えてください。もしGoogle Chromeをインストールしていない場合は、以下のURLからどうぞ。

https://www.google.com/intl/ja/chrome/

メールに記載されている「Chromeウェブストア」のURLをGoogle Chromeで開いたら、『Chromeに追加』ボタンを押してください。インストールはほんの一瞬で完了します。

インストール(拡張機能の追加)が完了すると、Google Chromeの画面右上に、Robotic Crowdでお馴染みの『ロコさんアイコン』が表示されます。

今後はこのロコさんアイコンをクリックすることで、いつでもRobotic Crowd Agentを呼び出すことができますので、まずはこの場所を覚えておきましょう。

無事にRobotic Crowd Agentのインストールができました!もっと大変な手続きを想像していましたので、サクッとインストールできてちょっとビックリしました。これなら誰でも気軽にインストールできそうですね。

Robotic Rrowd Agentは、「ガッチリしたRPAソフトウェア」と言うより、「小さな便利ツール」という位置付けなのですよ。とは言え、小さくても様々な機能がギュギュッと詰まっていますので、最初は画面の見方から覚えていきましょう。

Robotic Crowd Agentの画面の見方

こちらが、Robotic Crowd Agentの『メイン画面』です。

メイン画面は、「画面上部のツールバー」「画面中央の情報欄」「画面下部のアクションボタン」と、大きく3つに分かれています。

【画面上部:ツールバー】
・ヘルプボタン:レコーディング機能の基本的な説明書です
・オプション設定ボタン:スケジュール設定機能ですが、Robotic Crowd Agent単体では使えません
・閉じるボタン:メイン画面を閉じます

【画面中央:情報欄】
・各種説明や、記録の結果が表示されます

【画面下部:アクションボタン】
・RECボタン:レコーディング(操作の記録)を開始します
・EXTRACT DATAボタン:データ抽出の設定を開始します
・INFOボタン:コピーライト情報画面を表示します

ヘルプボタンを押すと、画面中央の情報欄に「レコーディングの説明」が表示されます。

「RECボタン」や「EXTRACT DATAボタン」を押すと、Robotic Crowd Agentは『記録モード』や『データ抽出設定モード』に切り替わります。その場合、各ボタンは状況に合わせて「STOPボタン(記録/設定の停止)」や「PAUSEボタン(記録/設定の中断)」になります。

確かに、小さい画面の中に様々な機能が入っていそうです。その中でも、特に「RECボタン」と「EXTRACT DATAボタン」が目立っていますね。この2つのボタン(機能)を使って、RPAのロボットを作っていくのですか?

そうです。どちらもRobotic Crowd Agentのメイン機能になっています。ですので、まずは「基本編」として、「REC(操作の記録)」と「EXTRACT DATA(データの抽出 )」の機能を順番に解説していきましょう。

関連リンク