ビッグファイブのパーソナリティモデル特性

IBM Watson Personality Insightsは、ビッグファイブ(英:Big Five personality traits)と呼ばれる、パーソナリティ特性の分類法により記事を分析しています。ビッグファイブの5つの要因は、「開放性」「誠実性」「外向性」「協調性」「神経症傾向」と定義されます(Wikipediaより)。

知的好奇心(開放性) は、個人がさまざまな活動の経験に対してオープンである程度です。
高い人:知的好奇心があり、落ち着きがあり、美に敏感で、新しいことを試そうとするタイプです。
低い人:平穏を好み、率直で、複雑なものや曖昧なもの、取るに足らないものに対して関心を持たないタイプです。


誠実性 は、組織的な思慮深い方法で行動する個人の傾向です。
高い人:自己統制をし、誠実、あるいは外部の期待や評価に応えようとするタイプです。
低い人:計画に従うより、自発的に物事を行うことを好むタイプです。


外向性 は、他人との付き合いで刺激を求める個人の傾向です。
高い人:よりエネルギッシュで、社交的なタイプです。グループ内で目立つこと、話しをすること、自分を主張することが好きです。
低い人:刺激をあまり求めず、人とのかかわりを避けるタイプです。但しそれは、臆病、非友好的、反社会的であるということではありません。


協調性 は、他人に対して思いやりを持ち協力的になる個人の傾向です。
高い人:他人とうまくやっていくことを重要視するタイプです。人間の本性に関して楽観的な見方をしています。
低い人:他人より自分の興味を優先するタイプです。他人の言葉の裏を考えてしまう傾向があります。


感情起伏(情緒不安定性) は、神経症的傾向または自然な反応とも呼ばれ、個人の感情が環境に左右される程度です。
高い人:否定的な感情を抱いたり、取り乱したりするタイプです。それは、苦労が多いことを意味しているのかも知れません。
低い人:穏やかで、あまり怒らないタイプです。 但し、それは、自信に満ちていたり幸せな人だというわけではありません。
※このシステムでは、精神病の診断はできません。

使用上の注意

・この機能は「IBM Watson Personality Insights」をベースに作っています。
・Watsonの仕様上、単語数が少ないと正しく分析ができない場合があります。
(100単語以下だとエラーになり、グラフが表示されません)
・noteの有料記事内の有料エリアには対応しておりません。
・現在はお試し版です。今後内容が変わる可能性がありますので、予めご了承下さい。
・各指標の詳しい内容は、こちらのドキュメント(外部リンク)をご参照下さい。