かすのって超楽しい!

はい!そういうわけでございまして。
Watson Assistantの連載が無事(?)完結しました。

RPAからはじまって、完結まで2年以上。
長い長い連載にお付き合いいただきまして本当〜にありがとうございます!!

これからもコロボとワトソンと一緒に、
引き続き進化し続ける自動化ライフを楽しんでくださいね。


さあ、次は帰ってきた「iPhoneアプリ編」です。

せっかく連載でAIまで探検させていただきましたので、
「iPhoneアプリ x Watson(AI)」で何か面白いアプリを作ろうと思っています。

勝手にアレコレ動いてくれると面白いよね〜。
さてさて、何を作ろうかしら〜。

……と、そんな楽しいアプリの内容は追々考えていくとして。
しばらくは作り方のお勉強です。

前回は「Apple Developer Program」への登録(更新)と「Xcode」のダウンロードをしてみました。

「Objective-C」やら「Cocoa touch」やら言っていたのはどうやらもうスッカリ過去のお話。
まずは、「Swift」なる言語を学ばねばならぬ、というのが現在地です。

よーし、やったるでぇぇぇ!

SwiftUI Tutorialsを発見!

というわけで前回に引き続き、アップル社のWebサイト内をウロウロ。
アレコレ参考になりそうなページをチェックしていたのですが。

その道中、こんなページを見つけましたよ。


https://developer.apple.com/tutorials/swiftui/

「SwiftUI」つまり、Swiftでアプリの画面を作るための機能集。
……の、チュートリアルコーナーです。

順路
STEP1 Xcodeのページを見る
STEP2 SwiftUIのページを見る
STEP3 SwiftUI Tutorialsのページに辿り着く

ココに至るまでに結構な量の参考情報コーナーをチェックしていましたので、正直お腹いっぱい。
軽く流すつもりで、サラッと「Creating and Combining Views」を覗いてみたのですが……

コレが大正解。
いやもう、わかりやすいのなんのって。

前提となる説明があり。実際のコードがあり。
画面をスクロールすると、「イマココ!」と画面表示が切り替わります。

とりあえず、チュートリアルの通りに進めただけで、こんな感じの画面ができました。
はいドン!

おおお。
なんだかスゴくそれっぽい。
いかにもiPhoneの紹介動画に出てきそう。

画面の構成と行った設定

こちらの画面、

・タイトルの文字を表示している部分(メインビュー)
・画面上部の地図を表示している部分(地図ビュー)
・画面中央の丸い画像を表示している部分(イメージビュー)

の3つのビューで作られていて、それらをメインビューにまとめて表示しています。

個別にビューを作って、メインビューから呼び出して、位置や大きさの設定をしていく。

以前の作り方をもうスッカリ忘れているワタシなのですが、
それでも「あれ?こんなにカンタンだったっけ?」と思うくらい設定がシンプルになっていました。

アプリ内で使用している画像は「Project files」として提供されていますので、
何も用意しなくてもチュートリアルをやりきれるようになっています。

設定的には、

・プロジェクトの作成と最初のテキストビューの編集
・インスペクターを使ったモディファイア(装飾)の設定
・縦横の入れ子の設定
・アセットカタログへの画像の取り込みと使用
・画像を円形のシェイプ(しかも中抜き)でオーバーレイする(重ねる)設定
・オフセット(移動)やパディング(余白)の設定
・地図を読み込む設定
・メインビューへ各ビューを読み込む設定

と、こんな感じ。

こうやって並べてみると、最初のチュートリアルにしてはガンガン行っている印象を受けますが、
実際にやってみると、流れが自然なのであまり負担にはなりませんでした。

大変なのは地図のところくらいですかね。
座標やら表示倍率やら専用の設定項目が多いので、呪文を書き写す作業になります。

もちろんコーディングは必要なのですが、
ビジュアルエディタの操作性が超向上しているので、ある程度はマウス操作でも作れそうです。これも嬉しい。

最後に、「理解度テスト」まで付いていましたよ。
(1問間違えましたが、英語の読解ミスが原因です。ええ、きっとそう。)

今回はココまで!

いやもうホントにスゴイっす!このチュートリアル。
一昔前のアプリ作り勉強は「苦行感」がヤバかったですが、時代が完全に変わりましたね〜。

メニューを見る限りでは、

SwiftUI Essentials
・Creating and Combining Views
・Building Lists and Navigation
・Handling User Input
Drawing and Animation
・Drawing Paths and Shapes
・Animating Views and Transitions
App Design and Layout
・Composing Complex Interfaces
・Working with UI Controls
Framework Integration
・Interfacing with UIKit
・Creating a watchOS App
・Creating a macOS App

と、なかなかのボリュームがありそうですので、まずはコレをやりきってしまいましょう。

次は「Building Lists and Navigation」とのこと。

「リスト表示」からの「詳細画面への遷移」というこの基本動作、
WWDCのビデオで見る限り、以前とは相当設定方法が変わっていましたので、違いを確認です。

よーし、やったるでぇぇぇ!(←まだまだやる気十分)

0