ラックスでは…ない

みなさま、お久しぶりでございます。

夏中お隣の国向けの研修動画編集に追われておりましたが、どうにか一段落。久々にこちらのブログを書けるまで時間が回復しました。みなぎる解放感。やっほー!

……で、この期間世の中がどうなっていたのかと、アレコレメディアサイトを見に行ったトコロ。そこには「DX」なる言葉が踊りまくっておりました。えーと、DX?

「DX」とは『デジタル・トランスフォーメーション』の略だそうです。ええ、「デラックス」ではないそうですわよ、奥様。


デジタル・トランスフォーメーションとは?
デジタル・トランスフォーメーション(英: Digital transformation; DX)とは、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念である。 デジタルシフトも同様の意味である。 2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱したとされる 。ビジネス用語としては定義・解釈が多義的ではあるものの、おおむね「企業がテクノロジーを利用して事業の業績や対象範囲を根底から変化させる」という意味合いで用いられる。(Wikipediaより)

「DX推進指標」における「DX」の定義
企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務その ものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること(経済産業省より)


また何やら漠然とした言葉が出てきましたね……どうしてこの業界はすぐアルファベットを並べたがるのか……。

このDX、ザッと見たところ、『もっと業務にITを活用しようよ』という「業務変革のススメ」的な内容のようです。もう少し具体的なイメージとしては、

SaaS(クラウドサービス)として提供される業務系システム然り、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)然り、AI(人工知能)然り。新しいシステムが世の中に普及する中、レガシー(過去の遺産)の業務システムを根性(人力)で20年以上稼働させているような状況はそろそろ変えないとマズイんじゃない?

……くらいで覚えておけば良さそうです。データを活用して社会を根底から変えるーとかなると、話が見えなくなりそうですので、程々に。

ちなみに、上記の経済産業省が出している「デジタル経営改革のための評価指標」のガイダンスを読んでみると、経営者さん的に耳が痛くなるような話がビッシバシ出てきます。(←一応私も経営者なので、ちょっと気になりました)


DXの課題
「顧客視点でどのような価値を創出するか、ビジョンが明確でない」
「号令だけでは、経営トップがコミットメントを示したことにならない」
「DXによる価値創出に向けて、その基盤となる ITシステムがどうあるべきか、認識が十分とは言えない」

参考:「DX 推進指標」とそのガイダンス(PDF)


ぐえー。

さらに、この課題の根本的な原因として、「ITシステムの話になると、経営者はIT部門に任せてしまうケースが多い」と、サラリと厳しいご意見が書かれておりました。

まあ……確かに。一般的にはそういうケースが多い気がします。最近のITってば、抽象的でヤヤコシイ話が多いですので……。

一方、IT人材の状況について、経済産業省はこんな資料も出しています。


参考:IT人材育成の状況等について(PDF)


この資料によると、

「IT需要予測から推計されるIT人材需要との需給ギャップから2030年までのIT人材の不足数を推計すると、労働集約業態となっている日本のIT人材の低生産性を前提とすれば、将来的に40~80万人の規模で不足が生じる懸念があることも試算された。」

とのこと。この2つの資料をまとめてみると。

経営者がIT部門にシステムの話を任せようにも、そもそもIT人材が不足していくので任せる相手もいなくなる。(しかも2030年って結構すぐそこ)

という、厳しい状況が見えてきます。まさに前門の虎、後門の狼。

デジタル・トランスフォーメーションは、労働集約業態(人力でなんとかするスタイル)を解消して、当面のIT人材不足に対応しようという意図もあるわけですね。


ただ、ここで思うのは。こんな状況の中で、経営者さんって「どんなIT知識を身に付けることが(&従業員さんに身に付けさせることが)望まれているのだろう?」ということで。

経済産業省の資料の続きには、IT人材の需要に関して、こんな説明がありました。


IT人材需要の変化
IoT/AI/ビッグデータ活用等、ITの技術やIT活用が深化する中で、IT人材に求められる技術的知見やスキルも変化し、IT人材が生み出す付加価値の差異が大きくなる傾向もみられる。現在のIT人材市場においても、IoT/AI/ビッグデータ活用を担う先端IT人材や情報セキュリティ人材の需要が増大する一方で、その供給は限られていることから、需給ギャップが拡大すると見込まれる。

今後、SoR型の領域から、SoE型システムによる稼ぐITの実現への比重が高まる中、平均的な能力やスキルを持つIT人材の量の需要から、新たな技術に対応して高付加価値を生み出すIT人材の質の需要が伸びると予想される。


SoRは「System of Record」の略で、旧来からある「記録するためのシステム」のことで、SoEは「System of Engagement」の略で、「ユーザー志向のシステム」のことのようです。要するに、機械主体から人主体にシステム設計の軸を変えていこう、というお話。

うん。この難易度はヤバいッス。

ITベンダーやコンサルティングファームのように、元々ITに対する経験値が高い企業の経営者さんならともかく、中小企業で「SoEにシフトする感じで」と言われて、対応できる経営者さんがどのくらいいるのか……まあ、だから詳しい人に相談してね、ということなんでしょうけど……うーむ。

なるほど、今はこんな感じになっているのですね。

メディアサイトや各種資料を見て少し考えたのですが。私、今後またこのサイトを更新していくにあたって、もう少し「IT人材育成」に力を入れていこうと思っております。好きなものを作ることしかできない人間ですが、できる範囲でこの状況を良くしていければと。

……とは言え、私自身が所謂「文系SE」ですので、あくまで専門家ではない方々を対象に。ちょっとでも役に立ちそう、もしくは安心できそうな技術情報をベースに。経営者さんから、若手の方々まで。

なるべくのんびり少しずつ育成できる環境作りを考えてみます。ずっとやりたかった「コミュニティ化」も、この機会に目指してみましょう。このくらいのゆるーい雰囲気が好きな方はぜひ〜。