アニメーション探訪2日目。

前回はビューが呼び出されるタイミングでアニメーションを動かしましたが、今回はタップしたタイミングでアニメーションを動かしてみることにしましょう。

と言っても、やることは「onAppear」メソッドを「onTapGesture」メソッドに切り替えるだけ。とってもカンタン。

実際に動かしてみたところ、三角形ボタンがタップでクルンと回転しました。

ニャンコ先生「いつになくスムーズな展開だニャ」

ええ、私もそう思っていたのですが。

……何か大切なことが抜け落ちたような気がしませんか?

ニャンコ先生「そう言えば、編集画面はどうしたのニャ?」

そうなんです。

本来この三角形ボタンは、編集画面を立ち上げるためにあるのですが、クルンと回したら、立ち上がらなくなってしまいました。

どうやら、「onTapGesture」メソッドと「sheet」メソッドが競合してしまっているようです。

ただ、そもそも最終的に「ボタンのアニメーション」と「編集画面の立ち上げ」は同時に動くというよりは、「指がボタンの上を滑っている時にアニメーションが動いて、特定のボタンの上で指を話すと編集画面が開く」という動きが望ましいので、こっちの方向ではないのです。

調べてみたところ「onHover」といういかにもそれっぽいメソッドが見つかりました。うんうん、こっちが良さそうです。

……が、試しに実装してみても上手く動かず。あれれ?な状況が始まってしまいました。デバッグ用のログすら吐き出してくれないので、そもそも反応していませんね。

でもねー、この機能が動いたら気持ち良さそうなんですよねー。反応はありませんが、めげずにもう少し頑張ってみましょう。


Apple Developer Documentation
Instance Method > onTapGesture
Adds an action to perform when this view recognizes a tap gesture.
外部リンクを開く