しずつ進化していきましょう!

日頃から当サイトにお越しいただいているみなさま。
そして、検索エンジンや別メディアからはじめてお越しいただいたみなさま。

最先端のIT技術を楽しく学ぶサイト『さるでき.com』へようこそいらっしゃいました。
管理人のカワサキでございます。

本日は日曜日。少々いつもと雰囲気を変えまして。
さるでき自体についてのお話をさせていただこうかと思います。

その名もズバリ。
『さるでき.comコミュニティサイト化プロジェクト』です。


時々やってくるこのテーマ。
さるできのコミュニティを作りたい(けど全然手を付けていない)というアレです。

だってー。

(人を集めるって大変なことよねー)
(せっかく集まってもらっても楽しませることができないかもしれないしねー)
(って言うかそもそも誰も来てくれないかもしれないしねー)
(ウチのサイトのアクセスなんて全部悪徳クリック業者の仕業かもしれないしねー)

「手を付けなければ何もはじまらない」ということはわかっているものの、
常時1ダースほどの言い訳を机の上に並べて、後回しにしておりました。

……コホン。

ー失敗してもいいじゃない さるできだものー

そう自分に言い聞かせて、今回から本格的にスタートです。

よーし、やったるでー!

STEP0 どんなコミュニティにするのか

世の中には、沢山のオンラインコミュニティがあります。
それこそ「バスケ」を語らうものから、「RPA」を語らうものまで多種多様です。

さるできとしてのコミュニティのテーマは、
もちろん『最先端のIT技術を楽しく語らう』ということになるのでしょう。

でも、実際のところワタシにとってテーマ自体はあまり重要ではないのです。

ワタシはそれよりも、
最先端のIT技術を楽しむ『方々』とお話がしたい。
平たく言えば『同好の士』と酒でも飲みながらワイワイ語らいたい。

……うーん、もう少しゴリッと言うと。

常連さんが集う『さるできバー』を作りたい。

要は、そういうことがしたいのです。
(自問自答の果てに前回から色々変わっている気がしますが、軽やかにスルーしてくださいませ)

行きつけのバーがあるっていうのはステキですね。
大人っぽいというか、くつろぎの中にも少しだけ特別感があるというか。

コミュニティが向かうひとつの方向性としての「大規模化」、
つまり「居酒屋で大人数が大盛り上がり!」的なものを管理できる自信はひとっっっつも無いワタシですが、
「ネットの片隅にある小さなバーの店主」くらいなら、楽しみながら長く頑張れるような気がしていまして。

さるでき.com 会員制コミュニティ、その名も『さるできバー』

目指すべき方向をこんな感じに設定した上で、
オンラインの世界でそんな小ぢんまりとした空間を作るにはどうしたら良いのか、
サイトに備える各種機能を考えてみることにしましょう。

STEP1 ログイン機能(会員機能)の整備

① ユーザー登録機能を追加し、ログインができるようにする。
② そして、ログインした人にのみ閲覧できるコンテンツを用意する。

まずは、こんな感じに「会員機能」を作る必要がありますね。
ただログインできるだけでは特別感が出ませんので、専用のコンテンツも必要です。

Q「もしかして……これからは会員にならないと記事が読めなくなるの?」
A「おっと、ご心配なく。基本的に『記事』については、今までどおり誰でも閲覧可能にする予定です」

では、何を会員限定にすることを考えているかというと……『動画』です。
これから少しずつ動画を配信していこうと思っていまして、そこに閲覧制限をかけようかと。ええ。

Q「なんで動画を会員限定にするの?」
A「超恥ずかしいヨチヨチ配信を全世界に垂れ流す度胸はワタシにはないのですっ」

……コホン。

さるできを好きでいてくれて。
ワタシの中途半端な記事更新を笑顔で見守ってくれる。

そんな太平洋より広い度量を持つ「さるできバー」の常連さまに向けた動画配信を予定しております。

STEP2 コミュニティ機能の整備

③ 会員用のプロフィールページを用意する。
④ 会員用のコミュニティページを用意する。

続いてはこちら、基本的な「コミュニティ機能」の整備です。

こんな辺境のサイトに会員登録をしてくれる生粋のさるでき常連のみなさまです。
きっと……様々な背景を持つ一風変わった方々に違いありません。

ぜひ、お話ししましょうね!

今は昔のお話ですが、
「サルでき.jp」の時には、本当に多くの方に(その数なんと1,600人)ご参加いただきました。
とっても嬉しかったのですが……ワタシがみなさまとしっかりお話できなかったことが本当に心残りで。

その反省を踏まえつつ。
今回は、ひとりひとりの方のことを、なるべく知ることができるようにしたいなーと思っています。

STEP3 ビジネス機能の整備

⑤ さるでき.com内にブログを開設できる機能を検討する。
⑥ 仕事の募集/依頼ができる専用ページを検討する。

ここからは少し先のお話、本気で頑張るみなさまを支えるための「ビジネス機能」の整備です。

バーがあって、そこでワイワイ話して、同好の士を知る。
そうして仲が良くなれば、そこで一緒に仕事をしても良いわけで。

ロールプレイングゲームにある酒場のお仕事掲示板みたいなものですね。

日々のブログ執筆で、自分のスキルと告知力を磨きつつ、
もし、案件が大きかったりスキルのミスマッチが発生したら、コミュニティに対してサポートの依頼ができる。

そんな仕組みがあればいいなーと、ワタシ自身が常日頃思っていまして。

中小企業経営の方、個人事業主の方、副業の方。などなど。
「良い人間関係」「良い機会」を提供できるようなインフラになるととってもステキです。


はい!ザザっと機能を考えてみました。

大きすぎる夢やら、ワタシらしいクド目の想いやらがチラホラ見え隠れしていますが、
基本的には「ユーザー登録が可能なコミュニティサイト機能」にまとまりそうですね。

では、そんな機能を実装するためのツールを探してみることにしましょう!

ProfileGridプラグイン

「サルでき.jp」では、『BuddyPress』というWordPressのプラグインを使いました。

ユーザー登録、友達機能、グループ機能というSNS的な機能に加え、掲示板とブログ開設も連携できる。
まさにピッタリなプラグインでしたので、今回もそれで行く予定だったのですが……

諸事業により、現在別のプラグインを検討しています。

Q「諸事情、とは?」
A「BuddyPreesは機能が豊富すぎることと、2回同じものを使いたくないなーといういつものワガママです」

はい、ということで新しいプラグインはこちら!

『ProfileGrid』プラグインです。

こちらのプラグインもBuddyPress同様に、
ユーザー登録、友達機能、グループ機能、ユーザーブログ機能辺りはしっかり完備されていて、
その上なんと「決済機能」も付いているという優れモノとのこと。将来の野望(?)への備えはバッチリですね。

基本機能も素晴らしく充実しているのですが、
その上に無料/有料の拡張機能が用意されていて、さらに沢山の機能を追加できるとのこと。ほほう。

ちなみに、今回ワタシがこのプラグインに決めた理由は、こちらの画面です。

プロフィール画面が超キレイ!

先程お話ししましたが、今回はひとりひとりの方のことをなるべく知ることができるようにしたいので、
「プロフィール画面が、思わず登録したくなるほどステキであるかどうか」超重要です。

今回はココまで!

さてさて、さるでき.comコミュニティサイト化プロジェクト。もとい「さるできバー」作り。

こんな感じに、参加していただける方々と、一緒にワイワイ最先端のIT技術を学びながら、
最終的には、何かしらのビジネスインフラまで作れればと、そんな風に妄想しております。

環境の準備が整いましたらまた記事を書きますので、続報をお待ちくださいませ。
さーて、次はデモ環境を作りますよー!

0