い長い旅の始まり

はい、そういうわけでございまして。
寝て起きて寝て起きてしているうちに1月も中旬を迎えております。
みなさまいかがお過ごしですか?

ワタシの方はボチボチ今年の仕事がはじまっておりまして。
とりあえず月末までに、とある会社さんのWebサイトを立ち上げることになっております。

……え?月末まで?
……もう17日ですけど?
……今まで何をしてたわけ?

Ans.正月明けてからもゴロゴロ寝てました。

さてさて、本日はそんなゴロゴロしていた正月に考えていたことを、少しだけお話させてください。


きっかけは、RPA本の中に出てくる、RPABANK武藤さんとの何気ない会話でした。

「RPAで作業効率が上がって、時間に余裕ができたら、何をしますかね?」

本にも書きましたが、武藤さん曰く、
今その時間を使って「ものづくりに励んでいるコミュニティ」ができてきているそうです。

まあ、とってもステキ。
折角時間が出来たのに、ダッシュで帰ってメシ食って1分でも長く寝る、では、なんだか物足りないですものね。

現在の働き方改革、残業ゼロ方針がどこまで現実のものになるかはわかりませんが、
「自分の時間」ができたときに、それを「何に使うか」という部分は、ワタシもスゴく大事な気がしています。

振り返って、自分は自分の時間をどう使っているのだろう?と考えてみたら、
そりゃもう、この「さるでき.com」を運営すること、だったわけです。

新しい技術を使って、悩んで、楽しんで
その一切合切を誰かに伝えるべく文章を書く

最近SNS上に流れてきた広告に、
「大人の勉強時間は1日6分」なんてことが書いてあってドキッとしたのですが、
少なくともこのサイトのおかげで、ワタシの勉強時間は(きっと)もう少し長くなっていると思います。

それが連載になって本になって……というのは、多分に出来すぎた話ではありますが、
少なくともこの活動が、ワタシの世界をグイッと広げてくれていることは間違いありません。

でね。

この「自分で何かを体験して、誰かのために書く」という活動を。
「自分の時間の使い方」のひとつとして、少しずつ広げていけたら良いなーと、そんな風に考えたわけです。

それが、『さるでき部』です。


はい!
語りましたねー。怖いですねー。
休みボケは人を詩人とか哲学者とか中二病患者とか色々なものにしますねー。

でも、コミュニティについては結構ずっと前から考えていたことでして。

・技術者さん向けのコミュニティを作ろうか
・起業家さん向けのコミュニティを作ろうか
・それとも、沖縄に移住したい方向けのコミュニティを作ろうか

いやー、ワタシがやっても面白くならなさそうだなー。
→はじめに戻る

そんなことの繰り返しをしていました。

で、ぐるぐる周って、ようやくたどり着いたのが、
「根本的にワタシは体験したことを書くのが好きな(というかそれしか能がない)人間なので、
あんまり大それたテーマを設けずに、そんな『書くコミュニティ』を作ったほうが良いんじゃないかしら」

と、いうことだったわけです。

きっと広い世界には一人や二人同じようなことをやってみたいと思う人がいるに違いない!
だって「書いたら誰かに感謝してもらえる」って気持ち良いもの!


……コホン。

ただ、こういうことは環境の準備が大切です。
アメブロあたりにブログを開設してどーぞ、ではなんだかイマイチだと思いますので。

・ちゃんと専用のサイトを作って
・モチベが上がる仕掛けを作って
・部ルールをしっかり作って
・告知して
・後は気長に入ってくれる人を待つ

そんな場所を、ジワジワと作っていって、
いずれライフワークにしていけたら良いなーと思っております。

2019年、唯一の「計画的にやること」のお話でした。
よーし、がんばるぞー!


みなさま

もし自分の時間でさるできっぽいことをしたいなー、と思う方がいらっしゃいましたら、
ぜひぜひ、さるでき部への入部をご検討くださいませ!環境を作ってお待ちしております。
(詳しくは次回か……その次あたりで。やります!ホントにやりますので!)

調べて書いて感謝される。
そんなステキな趣味を、一緒にはじめませんか?