無料のRPAツール!WorkFusion『RPA Express』導入記#2

未知の世界へようこそ。

はい、そういうわけでございまして。
冬真っ只中、みなさまいかがお過ごしですか。

ワタシは先日東京に出張に出まして…そこで見事に大雪を引き当てました。

絶好調です※
※ワタシは寒いのが苦手で沖縄に移住した人間です

そんな底冷えする気分を吹き飛ばすべく。
今回も前回から導入を開始している無料のRPAツール、
WorkFusion社『RPA Express』のお話を続けていきましょう。

前回の第1回では、

パソコンのスペックが足りず新しいパソコンを買い。
中途半端にケチったために新しいパソコンの容量が足りず。
返品して再度もう少し容量が大きいパソコンを買い直す。

という、先行き超不安な船出となっておりました。

無料のRPAツール!WorkFusion『RPA Express』導入記#1

とりあえずインストールが完了してホッと一安心です。

そうそう、ワタシの場合は無謀にも一気にインストールしてしまいましたが、
WorkFusion社ではちゃんと導入ガイドを用意していますので、不安な方は是非どうぞ。

WorkFusion Knowledge Base

WorkFusion Forum

…全編英語ですが。

どちらのサイトも「ユーザー登録完了メール」にURLが載っています。
ユーザーIDも書いてありますので、そちらを使ってログインしてくださいね。
(ログインID、パスワードは変更可能です)

では!
足元も固まった、ということで(?)、いよいよRPA Expressを立ち上げてみましょうか!

メニューをクリックして…待ちます。

画面には何も表示されません。
…こ、コレはもしや起動できなかったパターン?

と、しばらくドキドキしていたのですが、
実は、RPA Expressはココにいます。

控えめ過ぎるわ。
アイコンをクリックすると、スルスルっとメニューが出てきます。

・Platform Monitor
・RPA Recorder
・S3 File Storage

上の方に並んでいるメニューは、各種ツールへの入り口です。
これらのツールを使って(きっとメインは「RPA Recorder」でしょう)ロボットをデザインしていくわけですね。

・Control Tower
・Bot Manager
・OCR

真ん中の方には常駐系の機能のステータスが表示されています。
現在は全て止まっていますので、試しに「Restart」ボタンを押してみましょうか。ポチッとな。

起動しました!

…と、書くと一瞬で起動完了したように感じますが、

実際には結構時間がかかります(特に「Control Tower」)。
おまけに、何回か起動に失敗しました(特に「Control Tower」)。

背中を冷たいものがサーッと。
(みなさま、資金に余裕がある場合はなるべく良いパソコンを購入することをオススメします…)

「Control Tower」を起動させると、ブラウザからアクセスできるようになります。

お!この画面見たことがありますよ。

WorkFusion社のWebサイトにデーンと出ていた画面です。
ということは、この画面が出てくれば最初のハードルは乗り越えたことになります。

ふー。やれやれ…。

ついでに、ツールの方のメイン画面、「RPA Recorder」も見ておきましょうか。
こちらは、ブラウザではなくメニューからクリックで開きます。

うん、この画面も見たことありますね。

メイン系2画面、無事確認することができました。
良かった良かった。これでインストール編は終わったと思って大丈夫そうですね。

よーし。

画面の確認が終わりましたので、とりあえずひとつロボットを作ってみることにしましょう。
…確か…Knowledge Baseに動画があったので、それを見ながら…と思ったのですが。

今度は何故か動画が再生されない。

という現象が発生しました。うそーん。

ワタシ来週WorkFusionのセミナーに参加予定ですので、そこでこの件聞いてこようと思います。
波乱続きのRPA Express、はじめてのロボット作りの開始まで、もう少々お待ちくださいませ。

無料のRPAツール!WorkFusion『RPA Express』導入記#1

タダより怖いものはないと言うとか言わないとか。

はい!そういうわけでございまして。

RPAファンのみなさま、こんにちは。
来ましたね〜、待ちに待ったこの日が。

無料のRPAツール、WorkFusion『RPA Express』を導入する日が。

ワタシ現在RPABANKさんの方で連載をさせていただいておりますが、
実は「とある悩み」を抱えながら文章を書いていたのです。

ワタシの記事は「どんな方でもウェルカム」というスタンスなのですが、
現在のRPAツールって、エンタープライズ向け(企業向け)のものがほとんどで。

ぶっちゃけてしまうと、結構お高いのです。

とりあえず触ってみてくださいよ!
そしたら面白さが感じられますって!

でも、使える人は大きい企業に所属しているごく一部の人。

うーん、なんだかなー。
ワタシが価格を決めているわけじゃないけど、なんだかなー。

そんな風に思っておりました。

そんな時に、彗星のように現れたツール。
それが、WorkFusion社の『RPA Express』でした。
(M籐さんから教えてもらいましたので、モノは確かです)

その最大の特徴は、こんな文章で表現さています。

Free. As in free beer.
(無料。フリービールのように。)

RPA Express is freely available to anyone without commercial restrictions.
​No platform fee, no license fee, no fees whatsoever. It’s free.​
(RPA Expressは、商業的な制限なしに誰でも自由に利用できます。
プラットフォーム料金、ライセンス料、料金は一切ありません。無料です。)

Webサイトより抜粋
https://www.workfusion.com/rpa-express

マジですか。
神ですか。

iPhoneアプリの時代に「タダはダメだぜ」とかなんとか言っていたワタシが言うのもアレですが、
こういう選択肢があってくれるのは本当に助かります。WorkFusionさんありがとう!

そんなこんなで、RPAに触りたくても触れなかったみなさま。
大変長らくお待たせしました!めくるめくRPAの世界にようこそ!

ではでは、早速導入してみましょうよ!ねえ!

STEP1:登録する

まずはWebサイトからユーザー登録を行いましょう。
https://www.workfusion.com/rpa-express

登録が完了すると、ダウンロードリンクが書かれたメールが送られてきます。

STEP2:ダウンロード&インストールする

インストールファイルをダウンロードし、インストールを行います。
結構かかりそうなので、コーヒーでも飲んでゆっくり待ちま…

あれ?

インストールに失敗しました。

連載用のBizRobo!検証機にインストールしてみたのですが、
32ビット版のWindowsにはインストールできないようです。

ワタシもスッカリMacが長いので、Windowsのことがよくわからなくなっておりました。
OSって一種類じゃないの?とか言ってちゃダメよね。そうでしたそうでした。

この1台しかWindows機が無かったので、渋々もう1台スティックPCを買うことに。

Amazonさんでポチっとして、インストール、と。

あれ?

まさかのインストール再失敗。

コレにしか使わないから、32GBくらいの容量で足りるだろうと思っていたのですが、
足りませんでした。しかも外付けmicroSDにはインストールできず。

写真を撮る間もなく返品。
64GBの容量があるスティックPCがありましたので、そちらを再オーダー。

ポチっとな。

ご覧くださいこのストイックな外箱を。

中はこんな感じ。

こちらのPCで再挑戦です。

コレでダメなら次はまさかのノート?とドキドキしながら、
インストール、と。

ふー、なんとかインストールができました。

ファイルが諸々大きいので、容量がそこそこ大きいPCじゃないとこういうことになります。

数分で終わらせるはずだったことが、
数週間の手間になってしまいましたが、
どうにかこうにかスタートラインには立つことができました。
(人柱としての役割は果たせましたね、はっはっは。スゲェ心臓に悪い)

とりあえずドキドキが収まってからセットアップを行いますので、続きは次回をお待ちくださいませ!

コロボ君ができるまで

師匠は走るよどこまでも。

はい、そういうわけでございまして。
12月中旬、今年も残すトコロ半月となってまいりました。

みなさま、今年はどんな1年でしたか?

ワタシの方はと言いますと、

・沖縄生活2年経過
・起業生活10年目突入

…と、いたって平和な日々を過ごしております。
…中身は怒涛のドタバタ劇かもしれませんが、いたって平和な日々を過ごしております。
(大事なことなので二回言いました)

このまま今年も終わるかと思っていたのですがねー。

後半になってドーンとはじまったのが、RPAの連載でした。

現在第2回が公開中、第3回目の記事執筆が完了した段階でございます。

RPAツールを見てみよう!


(無事3回目も公開されますように)

さて今回は、当RPA連載の中に登場している説明用ロボットキャラクター、
「Kigaru ni Oshieru tameno ROBO」略して『コロボ君』について、
その誕生までの道のりを(主にデザイン方面について)ご紹介させていただこうかと思います。

本編では文字数の関係で書けませんので、番外編としてこちらでお楽しみくださいませ。
では、行きますよー。

こちらがラフ段階のコロボ君です。

いかがでしょう?
ほとんど完成版と差がないと言えば差がないのですが、最初のイメージでは黒目を描いていませんでした。
その方がロボットっぽいかなーと思ったのですが、色を塗ってみたらあんまり可愛くなかったので、完成版では黒目を入れています。

キャラクター作りをする時、ワタシの場合は最初にデザインコンセプトを決めるのですが。

今回はRPAを意識して「パソコンで動くロボット」としました。

・頭部は液晶/もしくはブラウン管モニター(耳はスピーカー)
・胴体はキューブ型のパソコン
・手はUSBハブと電源タップ
・足はマウス

こんな感じで、一般的に入手可能なパソコンと周辺機器でロボットの形にならないかを試行錯誤していきます。
(そういうことじゃない、というツッコミは軽やかにスルーする方向です)
(顔をさる顔にすることはM藤さんがサラッとOKを出してくれました)

ある程度形が決まったらIllustratorを使って線画にしていきます。

目の中に光を入れているのですが、この光を丸くするか四角くするかで結構悩みました。
最終的には「ロボットだし、四角でしょ」というまったく意味の分からない判断で四角にしています。

市販されているキューブ型パソコンに、こんな大きな電源ボタンを付けているものなど存在していない…ハズなのですが、リアリティを意識してあまり細かく描いてしまうと、連載中に面倒になって後悔しそうな気がしましたので、描きやすくデフォルメ化しています。

線が描けたら次は色塗りです。

これはまたこれで悩みまくりました。
派手に塗ってしまったほうがカワイイのですが、ロボ感もパソコン感もなくなってしまいます。

・やっぱりシルバーを基調にしたほうが良いよねー。
・差し色は青かなー。そうすると電源の色は黄色が合うよねー。
・赤いマウスってステキよねー。昔赤ばっかり使ってたわー。

と、そんな感じで進めていったらあら不思議。
某連邦軍のモ○ルスーツと似たy(ワタシは何も気付いておりません)

最終的にはこんな感じに落ち着きました。

ちなみにまだ背面は描いておりません。
彼の頭部が薄型液晶ディスプレイなのか分厚いブラウン管なのかは「神のみぞ知る」でございます。
(どうしたもんかなー。ブラウン管のほうが自然よねー。でもイマドキブラウン管ってー。←悩み中)

試行錯誤の末に誕生しましたコロボ君。
これからみなさまの学びのお供に一生懸命働かせて頂く所存でございます。

かわいがってあげて下さいね。
ヨロシクオネガイシマス!

さるでき流 RPAのはじめかた

RPA畑からこんにちは!

はい、そういうわけでございまして。
うっかり更新が2ヶ月近く止まっておりました。

『3日坊主という言葉が似合うサイト』
沖縄地区上位ランカーとしての名声を欲しいままにしている今日この頃でございます。

いやね。

理由はちゃんとあったんですよ。
それがこちら。はいドン!

RPAって何だろう?

この度ワタクシ、
RPA BANKさんで連載をさせていただくことになりました〜。
いやっほ〜い。

そのための準備中だったのです。
ホントです。ウソじゃないです。…30%くらいはホントです。

…はて、RPAって何?
という方のためにお話しておきますと。

ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation, RPA)とは、認知技術(ルールエンジン・機械学習・人工知能等)を活用した、主にホワイトカラー業務の効率化・自動化の取組みである。人間の補完として業務を遂行できることから、仮想知的労働者(Digital Labor)とも言われている。(Wikipediaより抜粋)

と、いうものだそうです。

もう少しカンタンに言うと、
パソコンの自動化ツールに業務をやってもらおうぜ!
という仕組み・取り組み・考え方をまるっとまとめたものになります。

ほほう…すごい時代になったものですな。

と、ワタシがのんびり沖縄の海を眺めている間にも時代はグイグイ動いておりまして。
現在このRPA市場は相当ヤバイ盛り上がりを見せているそうです。そうらしいのですよ、ええ。マジで。

で、ここに『RPA BANK』という、このRPA市場を牽引するメディアサイトがありましてね。

https://rpa-bank.com

その仕掛人に『M藤さん』というチャレンジャーナイスガイがいましてね。

M藤さんとワタシ、ひょんなことから知り合う機会がありまして。

M藤さん「〜ということで、私達こんなメディアをやっているんですよ」
ワタシ「ほほ〜、カッコイイですねぇ〜最先端ですね〜」
M藤さん「で、カワサキさんRPAに興味があるっておっしゃっていたじゃないですか」
ワタシ「興味ありますね〜いつロボット軍団が人間を支配するかと思うと気になって気になって」

M藤さん「ちなみにカワサキさん最近ヒマですよね?」
ワタシ「ガフッ、何故それを!?」

M藤さん「フッフッフ、そう思って連載の企画を立ててきましたよ」
ワタシ「な、なんですとー!」

的な。
※この話はフィクションですが、M藤さんは実在します。
※そしてブログに登場することを快く了承していただきました。M藤さんありがとうございます。

そんな感じでスッタモンダ(?)ありまして。
企画も記事も『さるできっぽさ』を出すためにM藤さんとアレヤコレヤ練りまして。

なんとか今回の連載の開始にたどり着くことができました。

通勤のお供に、
昼休みの暇つぶしに、
仕事中の現実逃避に、是非どうぞ。

サイトがカッコイイので、周りからは真面目に見えr(以下略)

これから頑張って月2回くらいのペースで公開していく予定でございます。
さすがにこちらは3日坊主で終わらせるわけでは行きませんので、気合を入れてガンバリマス。

当ブログでは、その裏話やこぼれ話を書いていこうと思います。できれば併せて読んでやってくださいませ。

ではでは、
iPhoneアプリ時代からの方々も、
WordPress時代からの方々も、
どうぞみなさまご一緒に。

『さるでき流 RPAのはじめかた』はじまりはじまり〜。